地縁から知縁へ

家族のケアをする人(family carers:家族介護者)は年々増加しています。例えば、認知症患者数は2030年には全世界で7500万人へ急増、国内でも2025年には700万人に達し、今後5年間では毎年20万人も新規患者が発生する病です。認知症患者は、ほどんどの場合、初期段階では家族が自宅でケアし、その後も約半数は在宅ケアが続きます。しかし、認知症はケアする側にも大きな精神的負担をもたらします。

年老いた親のケアだけではありません。知的障害・発達障害、あるいは、拒食症に陥った子供のケアでは深刻なケースも少なくありません。病気になった夫や妻のケア、孫が祖父母をケアしているケースもあります。そして、多くのケースでケアする人は孤独で厳しい戦いを強いられています。

PastelD.netはケアする人を孤立させず、必要な知識・ノウハウ、有効なサービス・仕組みを適切なタイミング、言葉、コストで提供し、人と人をつなぎ、励まし合い、時に楽しめる、そんな環境を先進技術を織り交ぜながら構築します。

(※ 現在、ステルスモードで実験中であり、詳細は公表しておりません)